道場生の声|爽やかな汗と共に心と体を育てる長野の空手【極真会館 長野支部】

道場生の声

長野県内で沢山の方が極真空手を体験しています

  • 仲間や先生達は厳しくも優しく、まるで家族のよう。
  • 仲間や先生達は厳しくも優しく、まるで家族のよう。
仲間や先生達は厳しくも優しく、まるで家族のよう。
山口悠空くん(中野道場)小学2年生 空手歴:3年

①お父さんと一緒にやろうと薦められました。
②きびしいこともあるけど、組手で相手と戦うことが楽しいです。
③もっと速く動けるようになって全国大会で1位になることです。
④きついこともあるけど、たくさん練習すれば上手になります。一緒に頑張ろう!
❏保護者からの感想・メッセージ
初めは父親にただ連れて行かれるだけでしたが、最近は自分から「速く動けるようになりたい、試合に勝ちたい」というようになって、とても嬉しいです。一緒に喜んだり、時にはライバルとして支えてくれる仲間達や先生方は、厳しかったり優しくほめてくれたり、家族のようです。これからも稽古や練習を通してたくさん学んで、精神的にも身体的にも強くなってください。
  • 自信をもって話ができるようになった
  • 自信をもって話ができるようになった
  • 自信をもって話ができるようになった
自信をもって話ができるようになった
近藤翌檜くん(長野道場)小学3年 空手歴:2年8月

①お父さんにすすめられたからです。
②カラテにだんだん興味をもってきたことです。
③「黒帯」をとれるまでつづけていきたいです。
④続ければ帯の色が上がるので、がんばっただけ結果がついてきます。
❏保護者からの感想
恵まれた体格を活かすには空手が良いのではと思い習わせ始めました。武道を通じて礼儀作法や挨拶を学んでほしかった点、男の子なので強くなってほしかった点。
小学校に入ってから、自分は空手を習っているということに自信を持ってお友達と話をするようになりました。空手を通じて親以外の大人の方、中学生の先輩に関わっていただけること、全てが本人にとって楽しみのようです。良い先生、先輩に出会えたこと、空手を始めてよかったと思う一番大きな点です。
❏お子さんにメッセージ
最初はイヤイヤ通っていたのに、いつのまにか自分から率先していくようになったネ(^^)ひとつのことを続けることはとても大変なことだけど、生きていくうえでとても大切なこと!空手も頑張って続けてください!!
  • 空手は自分の限界を超えられる!
  • 空手は自分の限界を超えられる!
空手は自分の限界を超えられる!
新井 仁くん(篠ノ井道場)小学6年 空手歴:4年4月

①もっと強くなりたいと思ったからです。
②チカラがついてきたし、心や気持ちが強くなった。
③「黒帯」をとることです!
④空手は自分の限界を知ることができ、自分の心と体を鍛えたりできるいいスポーツ(武道)です。
❏保護者からの感想
自分に強くなってほしいと思い、空手を習わせました。稽古に行く度にだんだん、自分に自信が持てるようになってきたと思います。めざせ!黒帯。「倒せ、支部長!」(空手をはじめた頃の目標でした)がんばれ、仁!(*^_^*)
  • いろんな人との組手で「勉強になる」
  • いろんな人との組手で「勉強になる」
いろんな人との組手で「勉強になる」
小林伊武紀くん(篠ノ井道場)中学生 空手歴:6ヶ月

①強くなりたいと去年から思い始め、友達も稽古にいっているというのではじめました。
②いろんな人との組手で、みんなの強さを知ったり、どんなテクニックを使えばいいのかがわかるので「とても勉強になる」と感じます。
③もっと頑張って稽古して、どんどん帯があがっていくようにしたいです。
④空手の世界は厳しいと思っているけれども、みんな全員、仲良く稽古しているよ。
❏保護者からの感想
本人の強い希望で、空手を習い始めました。以前はカアッとなって手を出すことがあり心配でしたがそれが無くなったのでとても安心しています。心身ともに強くなって、頑張れ!

メールでのお問い合わせ

道場案内

Information

極真会館 長野支部 長野道場
〒380-0813
長野市緑町3036-3
【練習時間】
■火・土
◇幼年 16:30~17:30
◇少年 18:00~19:00
◇一般 19:30~21:00
■木
◇ビジネスマン 20:00~21:15

極真会館長野支部では長野市を中心に、空手を通じ、子どもたちにいじめに負けない「心」の強さを。礼節を学び、人に対する「優しさ」を。人生で困難に立ち向かった時、自己を信じられる「自信」を。強靭な肉体に健全な精神を伴う「人間形成」を指導しています。

  • 026-227-9111
  • メールでのお問い合わせ

pagetop